スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wow!! エンボステクニック~♪

こんばんは。



↓こちらの道具を使ったテクニックを紹介しますね。



tec1




Brayer(ブライヤー)といいます。
茶色の部分はやわらかいゴム製のローラーです。




tec2




この道具とダイカットマシーンを使ってペーパーに模様を付けると同時に
エンボス用のパウダーを使いたい部分にVersaMark(バーサマーク)を付けます。




tec3




まずブライヤーにVersaMarkをたっぷりつけてEmbossing Folder(模様の型)の
片面に何度も付け、ペーパーを挟んでダイカットマシーンにかけます。




tec4
 



ダイカットマシーンでペーパーに模様がつきました。
色の濃い部分はVersaMarkがついています。
この部分に黒いEmbossing Powder(エンボス用パウダー)を付けます。




tec5




全体につけたら余分な粉をはたいて、ヒートツール(エンボス用ドライヤー)をあてます。
黒いエンボスパウダーを使ったのは久しぶりでしたが、焦げやすいかもしれません。
ドライヤーを長くあてすぎないように注意が必要でした。




tec6




ペーパーに模様を付けるだけでなく、エンボスパウダーを使って
違う色を付けることができました。




実はあまり使いたくないテクニックなんですよね~。
ブライヤーと型についたインクをふき取るのが面倒なので・・・。(笑)




次回はこれを使って作ったカードを紹介します。





ランキングに参加しています。
よかったら下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ペーパークラフトへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちょっと油断していると、こげくさ~くなる時があります。
ひと手間かかるけど、できあがったものを見ると、
やっぱりいいですね。

おぉ、このテクニック、ちょっと気になっていたのです。
これはへこんだところにエンボスパウダーがつく感じでしょうか。
やはりインクパッドを逆さまにしてボンボンつけるよりもBrayerが
あった方がきれいに仕上がるのでしょうか。


これを使ったカードもとても楽しみです。

すまいる♪さんへ

黒は特に焦げやすいですね~。
エンボス用パウダーやグリッターは
散らかるのであまり使いたくないのですが(笑)
出来上がりはいいですよね。

Azさんへ

そうです~。 凹んだところにパウダーを付けますので
Embossing Folderは凸にバーサマークをつけます。
インクパッドを逆さまに使ってOKですよ。
強く押しすぎなければ大丈夫です。
sidetitle訪問者数sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。